ホーム > 業界知識 > 本文

パルス幅調光で注意すべき問題

Oct 14, 2020

パルス幅調光で注意すべき問題

1.パルス周波数の選択:LEDは高速スイッチング状態であるため、動作周波数が非常に低い場合、人間の目はちらつきを感じます。 人間の目の視覚的残留現象を最大限に活用するためには、その動作周波数は100Hzより高く、できれば200Hzでなければなりません。

2.調光によって引き起こされるハウリングを排除します。人間の目は200Hzを超えるとハウリングを検出できませんが、20kHzまでの人間の耳の聴力範囲です。 このとき、わずかな声が聞こえる場合があります。 この問題を解決するには2つの方法があります。 1つは、スイッチング周波数を20kHz以上に上げて、人間の可聴範囲から飛び出すことです。 ただし、周波数が高すぎると、さまざまな寄生パラメータの影響により、パルス波形(前端と後端)が歪むため、いくつかの問題が発生します。 これにより、調光の精度が低下します。 別の方法は、サウンディングデバイスを見つけて処理することです。 実際、セラミックコンデンサは通常、圧電特性を備えた高誘電率セラミックでできているため、主な音生成デバイスは出力のセラミックコンデンサです。 200Hzのパルスの作用下で、それは機械的な振動と音を生成します。 解決策は、代わりにタンタルコンデンサを使用することです。 ただし、高電圧タンタルコンデンサは入手が難しく、価格も非常に高く、コストが高くなります。

100w