ホーム > 業界知識 > 本文

SCR調光のデメリットと問題点

Oct 13, 2020

SCR調光のデメリットと問題点

ただし、SCR調光には一連の問題があります。

1.サイリスタは正弦波の波形を破壊するため、力率の値が小さくなります。通常、PFは0.5未満であり、導通角が小さいほど力率は悪くなります(1/4の明るさで0.25のみ)。

2.同様に、非正弦波形は高調波係数を増加させます。

3.非正弦波形は、ライン上で深刻な干渉信号(EMI)を引き起こす可能性があります

4.低負荷では不安定になりやすく、ブリーダ抵抗を追加する必要があります。 このドレイン抵抗は、少なくとも1〜2ワットの電力を消費する必要があります。

5.通常のサイリスタ調光回路がLEDの駆動力に出力する場合、つまり、入力のLCフィルタによってサイリスタが発振する場合にも、予期しない問題が発生します。これは、白熱灯では問題になりません。白熱灯の慣性により、人間の目はこの振動を見ることができません。 ただし、LED駆動力では、オーディオノイズやちらつきが発生します。

100-W