ホーム > 業界知識 > 本文

佛山照明暫定純利益は約5パーセントの継続的な行動が補償に影響を与えた

Oct 08, 2016

佛山照明有価証券の虚偽の責任紛争の主張は、前半だけ、佛山照明は再び報酬支払いのための1417600000元の規定を継続する[テキスト/エンジニアリングLED趙ホイ]株主。 そして、これはそれらのほんの一部であるかもしれませんが、佛山照明に対する裁判では依然として多くの主張がありました。 投資家は、佛山照明(000541.SZ)が2015年半期報告書を発表したと主張した。 2015年1月〜6月に報告された佛山照明の収益は15.224億元で、1.21%減でした。 上場企業の株主に帰属した純利益は大幅に46.94%増、唯一の1億元。 backpfrontpのデータは、佛山照明の前半は、76.7百万元の伝統的な照明ビジネス収入、30.65パーセントの下落を示しています。 LED照明の売上高は7億4,400万元、76.86%の増加、LED事業は48.82%を占めた。 そして、太陽の照明、他の巨人に比べて3つの男性オーロラの照明、佛山照明の移行LEDスタジアムの光の速度が遅かった。 LEDベイライト事業を担当するSunは66%以上を占めています。 下位のタイトル、場所、総利益率がそれほど高くない。 backpfrontp照明業界は、業界のLED照明製品への主なソース佛山照明は\ u0026 lsquoを持っていると考えています。 プライスキラー\ rsquo。 そして、まだいくつかの伝統的な照明製品のアプリケーションスペースは、特に製品価格と技術の上に非常に安定している、そこにはまだ多くの利益が作られています。 backpfrontpの収益データはまた、LED照明製品、売上総利益佛山スタジアム照明に関して、この点を証明した伝統的な照明は比較的高いです。 データは、総売上利益率は18.44%LED照明だったが、佛山照明27.86パーセントの売上総利益率の前半に伝統的な照明製品を示しています。 backpfrontpしかし、LED製品の性能と価格の安定性の低下と、伝統的な照明製品の生活空間は、特に省エネランプと電球、その他の汎用照明製品を、さらに圧縮して機能と価格を実現します時間の有利な損失は、より短く置き換えられます。 佛山高出力の洪水ledプロダクトの構成、電球、ランプのbackpfrontpはまだ主要な位置を占めています。 特に、佛山照明のマーケティング分野は、伝統的な流通、流通に集中しているが、製品をある程度迅速にプロモーションするための低コスト戦略であるが、特に長期的にはブランド損害に対する長期的な利益率は計り知れない。 一方、無限の訴訟は投資家が佛山照明のパフォーマンスに影響を与え続けると主張している。 2014年末までに、仏山照明は、今年上半期に報酬支払いの規定を6138.33万元、141.177億元と発表し、再び投資家の報酬と訴訟費用を計上した。 1000Wの洪水光は現在佛山照明証券投資家の訴えを提起しており、虚偽の声明が4件あり、請求額より200百万元多く含まれています。 バックPfrontp最新のニュースショー、佛山ジム照明は、ヨーロッパの照明大手オスラム照明部門資産の買収に関与する可能性があります。 オスラムは今年4月以来、昨年4月以来、OSRAMは中国のカウンターパートを含む潜在的なバイヤーとの非公式協議を行っている。主な候補者には佛山照明、NVC(BDO Runda)、太陽照明、多数の上場企業が含まれる。 バックパープトップ8月25日夕方、仏山照明の発表、同社はベインキャピタル(香港)Limitedとの主要なM&u0026 Aの案件を計画中です。