ホーム > 業界知識 > 本文

4つのLED輝度計算方法

Nov 26, 2019

4つのLED輝度計算方法


まず、光束

光束とは、単位時間あたりに光源から放出される光の量、つまり放射エネルギーが人間の目で知覚できる放射エネルギーの部分を指します。 これは、特定の帯域の単位時間あたりの放射エネルギーとその帯域の相対的な可視性の積に等しくなります。 人間の目による異なる波長の光の相対的な可視性は異なるため、異なる波長の光の放射力が等しい場合、光束は等しくありません。 光束の符号はΦ、単位はルーメン(Lm)です

スペクトル放射束Φ(λ)に従って、光束式は次のように導出できます。

Φ= Km■Φ(λ)gV(λ)dλ

式では、V(λ)—相対的な分光発光効率。 Km-放射の分光光学性能の最大値、Lm / Wの単位。 Km値は、1977年に国際計量委員会によって683 Lm / W(λm= 555 nm)であると決定されました。


第二に、光の強度

光強度とは、単位時間あたりの単位面積を通過する光エネルギーのことです。 エネルギーは周波数に比例し、これはそれらの強度の合計(つまり積分)です。 所与の方向における光源の光度Iが光源であることも理解できる。 この方向に立体角要素を透過した光束dΦを立体角要素dΩで割った商

光度の単位はカンデラ(cd)、1 cd = 1 Lm / 1 srです。 すべての空間方向の光の合計が光束です。


第三に、明るさ

LEDチップの明るさをテストし、LED光放射の安全性を評価するプロセスでは、一般的にイメージング法が使用され、マイクロチップイメージングはチップテストに使用できます。 明るさは、光源の発光面の特定のポイントでの明るさLです。これは、特定の方向の顔要素の発光強度dSを、顔要素の正投影面積で割った商です。特定の方向に垂直な平面。

輝度の単位は、カンデラ/平方メートル(cd / m2)です。 発光面が測定方向に垂直な場合、cosθ= 1です。


第四に、照度

照度とは、対象物が照らされる度合いのことで、単位面積あたりに受け取られる光束で表されます。 照度は、照明源の位置、照明された表面、空間内の光源に関連し、サイズは光源の光強度と光の入射角に比例し、の平方に反比例します光源から照らされたオブジェクトの表面までの距離。 表面上の点での照度Eは、パネルに入射する光束dΦの商であり、点はパネル面積dSで除算されます。

単位はルクス(LX)、1LX = 1Lm / m2です。