ホーム > 業界知識 > 本文

LED色温度調整輝度の原理

Mar 26, 2019

LED色温度調整輝度の原理

 

LEDの色温度は、異なる光の変化の割合です。 赤色光を増やし、色温度を高め、青色光を増やし、色温度を下げます。 明るさを調整し、LEDに流れる電流を変更すると、電流が大きくなり、明るくなります。 それどころか、暗いです。 電流の調整は、PWMを変更することで実現されます。 いわゆるPWMはパルス幅調整です。 最も基本的なパルス幅調整の方法は、その幅を決定する抵抗値と静電容量値を変更することです。 RCの積が大きい場合、幅は大きくなります。 詳細は、回路図と併せて説明する必要があります。

 

1色温度

光源の色温度は理想的なモデルであり、完全なラジエーターとも呼ばれます。その色と理論上の熱黒体ラジエーター(黒体と略す、任意の温度での放射エネルギーの吸収率は任意の温度で1に等しくなります) )。 ) 決定する。 熱放射源から放射されるスペクトルは連続的で滑らかです。 黒体の場合、温度が異なり、色が異なります。 黒体の色と温度の間には独自の対応関係があります。

 

光源の色を表現するとき、光源の色は黒体の色としばしば比較されます。 ある温度で光源の色が黒体の色と同じ場合、光源の色は黒体とみなされます。 この温度での色は「温度色」と呼ばれ、「暖色」と呼ばれます。 明らかに、「暖色」とは「色」を指し、特定の温度での黒体の色です。 ただし、長年の慣習により、この概念は現在「色温度」と呼ばれています。

 

白熱灯およびその他の熱放射源の場合、スペクトル分布は黒体のスペクトル分布に近いため、色度座標点は基本的に黒体の軌跡上にあり、可視色温度の概念は白熱灯の明るい色を適切に表すことができます。

 

ただし、白熱灯以外の他の光の場合、スペクトル分布は黒体から遠く、温度Tでの相対スペクトルパワー分布によって決定される色度座標は、色度図の黒体温度軌跡上に必ずしも正確に収まらない。 光源の色温度は、光源の色と黒体軌跡によってのみ決定できます。これは相関色温度(CCT)と呼ばれます。