ホーム > 業界知識 > 本文

互換性のあるサイリスタ調光の問題と欠点

Oct 20, 2020

互換性のあるサイリスタ調光の問題と欠点

多くの多国籍チップ企業が既存のサイリスタ調光と互換性のあるチップとソリューションを発売していますが。 ただし、このようなソリューションは推奨されません。主な理由は次のとおりです。

1.サイリスタ技術は、半世紀以上の古い技術です。 上記のように多くの欠点があり、ずっと前に排除されるべき技術です。 白熱灯やハロゲンランプと同時に歴史の舞台から撤退する必要があります。

2.これらのチップの多くは、力率を改善できるPFCを備えていると主張しています。 実際、サイリスタ負荷としての力率を改善するだけで、純粋な抵抗の白熱灯やハロゲンランプに近く見えますが、SCRを含むシステム全体の力率は改善されませんでした。

3.すべてのサイリスタ互換LED調光システムの全体的な効率は非常に低いです。 安定した動作に必要なブリーダ抵抗の損失を考慮していないものもあり、LEDの高エネルギー効率を完全に損ないます。

150W