ホーム > 業界知識 > 本文

IEC保護とは

Aug 01, 2019

IEC保護とは


IEC保護クラス:IEC(International Electrotechnical Commission)は、電気技術分野の安全基準を設定する国際機関です。 クラスIおよびクラスIIの入力指定は、電源の内部構造と電気絶縁を指します。 これらの規格は、ユーザーを感電から保護するために開発されました。 電気製品製造業界で使用され、デバイスの保護接地接続要件を区別します。

 

クラスI:これらのアプライアンスでは、シャーシをアース線で電気アース(アース)に接続する必要があります。 通電中の導体がケーシングに接触する原因となるアプライアンスの障害により、アース導体に電流が流れます。 電流は、過電流デバイスまたは残留電流回路ブレーカーのいずれかをトリップさせる必要があります。これにより、アプライアンスへの電力供給が遮断されます。

 

クラスII:クラス2または二重絶縁電気機器は、電気的アース(接地)への安全な接続を必要としないように設計されています。

 

クラスIII:SELV電源から供給されるように設計されています。 SELV電源からの電圧は十分に低いため、通常の状態では、感電の危険なしに安全に人と接触できます。 したがって、クラス1およびクラス2アプライアンスに組み込まれている追加の安全機能は必要ありません。