ホーム > ニュース > 本文

10.21キャピタルニュース|スパイク・オプトエレクトロニクス対象Toyota White LED特許ライセンス

Mar 09, 2017

10月20日の夕方の発表でリリースされたLiard(300,296)は、2015年の最初の3四半期売上高は前年より55.41%増加したと発表した。 LEDスタジアムライトのレポートは、最初の3四半期(2015年1月1日〜2015年9月30日)の営業利益は、55.41パーセントの増加、112.2億元に達したことを示しています。 一方、2015年第3四半期、リヤド営業利益は、2014年の同期間に68.12パーセントの増加を表す523百万元に達し、1億3000万元の純利益は、182.67パーセントの急増。 backpfrontp利益成長の理由の最初の3四分の一を嘘つき:backpfrontp 1、レポート受注とプロジェクトの受諾が増加し、国内売上高が増加した。 高出力の洪水の光、Jindaの照明(昨年同期間に9月6月)の結果が早い成長と李鳳の文化、晋翔と商品の買収は光電、前期収入以上の増加を得ることができます。 当期純利益の伸びは、主に報告期間の収益および営業利益の増加によるものであった。 backpfrontp 4、内在的な小さな間隔の開発の側面に焦点を当てる。 脇の下側は、LEDスタジアムは期待に沿って小さな間隔テレビの照明を点灯し、受注は11億の目標を完了します。 backpfrontp 5、拡張合併や買収、1000Wの洪水ライトをリヤド今年は高いヒットを保持しています。 触手は、もはや国内の国境を越えた合併買収に限られていたのではなく、海外へ行くために、米国のPLANAR100%の株式を取得しました。 前回のSilan(600,460)、10月21日の発表によると、2015年の純利益の最初の3/4は前年より約30%減少した。 同社は、企業の財務部門の予備的な見積もりによると、同社は2015年1月〜9月は、上場企業の株主に起因すると予想昨年と比較して126000000元の純利益は、約30%、2015年の特定のデータ開示すべき第3四半期報告書。 backpfrontpの報告書は、今年の3/4を示し、ある程度の損失で杭州Silan Azure Co.、Ltd.の子会社であるLEDテニスコートライトチップの影響を受ける業界における競争を激化させている。 backpfrontp加えて、杭州王電子有限公司の株式を保有している友人は、昨年販売金融資産の売却から投資収益率を上げたが、現在の投資収益を得ていなかったため、昨年より純利益実質的な削減は、また、同社の投資収益は前年同期よりも減少した。 Silan氏は、データの上の予告編は予備的な会計データであり、同社の特定の正確な財務データは2015年の報告書日付の第3四半期を正式に発表したと述べた。 Backpfrontp Spike Optoelectronics適格トヨタの白色LEDジムライティング特許ライセンスbackpfrontpスパイクオプトエレクトロニクス(833,423)は、2015年10月17日にToyoda Gosei Co.、Ltd.(以下、豊田合成)の認可を受けたことを発表した10月20日の夕方の夜、トヨタは、2015年10月13日に、白色LED特許ライセンス契約に調印し、光学取引(上海)有限公司を設立しました。 backpfrontp社は豊田合成と白色LEDアリーナライティング特許ライセンス契約は、会社の現在と将来の発展のために重要な、世界的な流通に会社のためのドアを開くと、同社は国際市場に向かって重要な一歩です。 豊田合成は、世界LED産業の技術リーダーであり、BOSE特許の一員であり、アライアンスメンバーであり、白色LEDのキーテクノロジー特許ポートフォリオを持っています。 署名は、スパイクのオプトエレクトロニクスがBOSE Union認定の白色RGB LED洪水ライトメーカーになることを示しています。 backpfrontp本土多くの企業が最近、Jufei Optoelectronics、Ruifeng電気などのトヨタの白色LEDハイベイライト特許ライセンスの取得を発表しました。 前回のESOP実施後の第3回理事会の第11回会合を開催し、2015年8月4日までに2015年8月21日に第2回臨時総会を開催した。 2015年までに検討するために、同社はファングを第1回ESOPに設定することに合意した。 この発表のbackpfrontpの日付、同社は遠い牙ファースト第一ESOPはまだ株を買うためです。 backpfrontp会社は、情報開示義務のタイムリーな実装の関連法規の規定に従って、遠い進歩に基づいて第一ESOPの実装に基づいています。 backpfrontpメイソンテクノロジーズは5%以上の株主を保有してメイソンテクノロジーズ(002654)の後退を約束し、10月21日の発表によると、同社は最近5%以上の株主を迎えたと発表した。お知らせ。 7.32 10月26日、Luoは2015年5月15日にCITIC Securities Co.、Ltd.に株式誓約レポ取引1,280,000株(直接所有している株式のうち、0.5%を占める総株式資本の%)幹部は持ち上げることを約束した株式をロックし、完了日は、誓約登録を解除する対応する株式であった。 この発表のバックプレパート時代、羅明氏の会社株式数は、同社が直接保有する株式の52.61%を公約し、総資本金の3.80%を占めた。 バック