光通信事業を発展させる3つの海外の買収


Sananの光エレクトロニクスは、攻撃的で防御的なバラエティの両方で安全マージンと弾力性を向上させます。 LEDスタジアムの照明チップから安全のマージンは、今年は20億以上になると予想されている企業の生産能力の徐々にリリースと業界の集中力を向上させる、来年は40%を成長し続けると予想される; その弾性化合物半導体とLiFi事業からの金額とCDBを増やし、大規模な資金を照明スタジアムをリードし、海外産業厦門政府のサポートの合併や買収。 backpfrontp LED事業は、十分な安全マージンを提供します。 台湾、米国、日本のライバルは、徐々に、産業集中促進の最大の受益者として、規模、技術、コストの優位性を示すこと、世界的な高出力LEDフラッドライト業界では、 優勢のLED街灯の需要は、価格が普及率を引き上げた。 Saman 32新MOVCDは徐々に動作に入れ、四半期ごとに売上高成長の四半期の後半を促進する、年間収入成長の控えめな計算は、20億に達すると予想される。 残りの68セットのMOCVDは2016年に委託され、16年間の利益成長率を40%向上させることを願っています。 最新の発表では、エアプロダクツアンドケミカルズ(AP)(蕪湖)100%株式およびエアプロダクツアンドケミカル(上海)、11のISOコンテナ、LEDトンネルライトの126百万ドルの取得により上流資材の能力がさらに強化されました。 3つの安全性を再現したバックプレープチップエピタキシャル半導体の学生。 Sananは、ガリウム砒素とガリウムナイトライドIII-V半導体を集積回路産業を創出するコアとし、提案された年次計画の発行と300,000のGaAs 60,000のGaN6インチ生産ラインの年間生産を行います。 現在のSanan 5000 /月GaAsの最初の段階はすでに試作を開始しており、次の年にはアリーナライトの量産が予定されており、GaN製造ライン設備も徐々に設置されています。 将来の強い需要の軍事、ネットワーキング、5G通信、その他の化合物半導体RFパワーチップは、4G後に再び化合物半導体市場の勃発を引き起こすでしょう。 サンファンIIIとの大規模なファンドの投資48億4千万株と25億ドルの合弁会社を通じて。 V化合物IC開発特別基金、CDBは200億元低金利ローン、グループの手に3つのセキュリティグループの手に3つのセキュリティは、海外の合併や買収を介して利用可能なファンドの400億元を持つ化合物半導体の特別な外観に値する。 最新の発表CDBの1.2%の低金利ローン金利は、Sananの3つのセキュリティグループによって貸与され、プラス軍事、自動車事業の注文と補助金の支払いをたくさん持っていた、配当は徐々に国家政策に反映されています。 backpfrontp光通信は、別の大きな潜在的成長である。 LEDテニスコートライトと化合物半導体に加えて、光通信のオプトエレクトロニクスチップは、2016年の同社の更なる成長ポイントであり、数億ドルの収益の貢献を開始する予定です。 サマン7月上海航空宇宙電子通信機器研究所と屋内と屋外LEDハイベイライトアプリケーションの共同開発とプロモーションを発表通信の様々な集積回路(LiFi)製品、車両ネットワーキングシステム製品、光通信の分野で光電インテリジェントな監視製品Maiは一歩前進しました。 バック