ホーム > ニュース > 本文

[年次]フィニアス講演:LED照明ゲームと過去3年間の成果

Feb 26, 2019

エンジニアリングLED、LEDスタジアムライト会社は2015年の運営と収益LED照明業界を認識しており、期待される非常に異なる前線の始まりで[text / Engineering LED Zhao Hui]。 業界が混乱しながら、ハイパワーLEDフラッドライトは、今後3年間の開発に文句を言うますます多くの企業があります。 今後3年間backpfrontp LED照明、アレンは12月11日に行くのだろうか? - 第12回講演会場で開催された2015年エンジニアリングLED年次総会。 工学研究所(GGII)統計調査データによると、backpfrontp LEDの生産と研究は、2014年中国LED業界では、3445億元の合計サイズ、GGII 2015年にはこの数字は41314億元に達することを示しています。 backpfrontpしかし同時に、GGIIの予測では、2015年にはLED産業の成長の合計サイズは約20%に減速すると予想されます。 backpfrontp現在、国内のLED照明市場は、特にパッケージングおよび照明の分野で激しい競争の局面にあり、粗利益率は、激しい価格戦争状況における事業の収益性のさらなる低下を反映して、低水準にありました。 。 backpfrontp上流平均売上総利益率は今年微増し、製品価格の下落は緩やかになり、エピタキシャルシリコンが健全な競争の分野に入り始めたことを示しています。 チップ市場は徐々に明確になり始め、市場シェアは少数の大企業に集中した。 エンジニアリング1000W LEDフラッドライト会長Dr. Zhang Xiaofeiは、中価格粗利益率が低下していると述べ、平均価格は上昇して低下し、業界は非常に競争が激しいことを示しています。 下流マージンは比較的安定していますが、大幅な価格下落が見られましたが、やや減速しました。これは業界での激しい競争を示しています。 博士張Xiaofeiは、今後3年間で自社の位置を変え、ブランド構築を行い、資本とM&Aを強化することができるように、多くの国際的および国内のファウンドリを行うことができると考えています。上場のペースは、資本市場を受け入れる。 backpfrontp GGIIの調査データによると、2014年のM&Aの年間総額は607億元であり、今年の1〜8ヶ月のM&A額は293.1億元の規模に達しています。すでに5倍の量。 昨年から今年の前半までのbackpfrontpは、LEDジムライト業界の合併や買収が頻繁に発生し、今後2年間の累積額はMのサイズよりも5億元以上の合併や買収の数億に達するでしょうケースが増えると同時に、合併は国際的に行き、外国の合併ケースも同時に増えるでしょう。 Zhang Xiaofei博士は、買収、合併、買収を通じて、生産規模の拡大、生産コストの低下、そして販売会社の買収の場合には、新しい市場を開拓するだけでなく、技術と完全に相互運用可能なアプリケーション革新的な技術はより大きな利益を得ます、これらは重要な存在の合併と見なすことができます。 backpfrontp中小企業のために、博士張Xiaofeiは、我々は付加価値のある製品を強化するために良い製品、良いサービスをすべきだと思います。 backpfrontp LED高湾照明の開発のための今後数年間、センリンJiliang LEDスタジアム投光部のゼネラルマネージャーは、原材料、産業チェーンの統合、生産性の向上、製品品質の向上、そしてスケールの形成として、そして費用対効果は、焦点を当て、市場シェアを増加させる市場シェアを増加させる照明を段階的に継続し、市場に話す権利がある、これはより良い業界と市場の健全な成長を促進することができます。 中国陳Yipingのゼネラルマネージャーbackpfrontp照明巨大な太陽の照明は、あなたが着実な成長を維持したいのであれば、今後3年間、太陽の照明は、我々は最初に独自の照明を行う必要があります。 2つ目は、インテリジェントな照明をすることです。今年から、これが方向だと思います。 そして第三に、私達は質と情景照明光の追求について考えます、私は生活関連の照明の芸術の未来が市場に出ると信じています、それは開発の次の2 - 3年です。 backpfrontp将来の省エネ容量は大きく、T8ランプは全世界で40億個あります。 ビジネスを行う方法を見るために、まだ多くの機会、私たちは自信を持っています。 Chen Pingは強調しました。 今後3年間でbackpfrontp LED街路灯業界、最後に行く方法は? 機会は何ですか? 問題は何ですか、対処方法は? これらすべては、2015年の上級エンジニアLED年次総会で締めくくります。 バック