ホーム > ニュース > 本文

今後3年間で業界最強のラインナップ集団デビュー業界がパルスを感じる機会

Dec 20, 2018

エンジニアリングエンジニアリングLEDスタジアムライト生産研究研究所(GGII)のデータによると、2015年には、中国のLED照明業界は2,015億元の規模の価値、18.5%の増加を示しました。 市場から約5000の照明会社、LEDスタジアムの照明大手企業とブランドの初期パターン。 backpfrontp年の日照照明(600261.SH)、NVC(02222.HK)、佛山照明(000541.SZ)、男性3人、ミッドドット。 オーロラLEDスタジアム洪水照明会社や他の伝統的な事業は今後2年間で50%以上を持っている、伝統的な照明メーカーは徐々にLED照明製品の完全な変換を完了します。 業界チェーンの他の側面からのbackpfrontpは、道路の照明において、Sen(002745.SZ)、Chau Ming Technology(300232.SZ)などのLED空港照明プレーヤーを新たに追加しました。 backpfrontp全体の中国のLED照明業界は、すべてのセグメントが緩やかな成長の段階に入っています。 backpfrontp屋内照明製品の幅広い範囲、機能の多様化、ビジネスチャンス、そしてより広いリビングスペース。 業界標準化が大部分の企業を排除するので、屋外照明製品の範囲と機能は比較的固定されています。 より多くのLED街路照明事業は、3人の男性のミッドドットのようなさらなる発展のために資本の力を利用したいと考えています。 オーロラ、オペアンプ、その他。 GGII統計データから、上場企業は一般的に大規模なLED売上高、粗利益率は比較的安定しています。 強力な上場企業(上場予定)がブランドを確立し、ブランド構築、広大な生活空間を強化し続けることができます。 非上場企業ブランドは弱く、ブランド構築のための資金が不足しており、将来の生活空間は縮小しています。 LEDテニスコート照明市場の観点での今年の発展からのbackpfrontp、海外販売チャネルと自社ブランドの輸出企業への今後3年間のより良い未来は規模の経済に依存するOEM指向の企業へのより速い開発を得ることができます。より良い開発になります。 そして国内志向の企業では製品の差別化に頼ることが有利であり、亀裂の中で生き残ることができる。 今後3年間backpfrontp、ブランドは規模、製品の位置を明確に、堅牢なアフターマーケット企業は急速な発展になります。 GGII表現 毎年backpfrontpは、いくつかの秋と冬を通じてエンジニアリングLED業界に同行され、業界は浮き沈みを目撃し、エンジニアリングLEDスタジアム投光照明プラットフォームの業界認識を獲得しています。 エンジニアリングLED backpfrontp年は、パブリックモードを上げるために昨年続け、すべてのチップは2つの位置に分かれています:1888元と1088元。 業界でオスカーゴールデングローブ賞に参加することとして知られている考え食いしん坊ごちそうエンジニアリングLED年次総会を楽しんで2日間を通してつかまえることができます。 工学部のOAKハイパワーの異なるbackpfrontp 2015年年次総会は、公共の決定を上げるために観客の参加はまたゴールデングローブ最後の帰属を投票する権利を保持することを洪水の光を導いた。 ゲストは自分の好きな会社の製品に1人の賛成票を集めて、組織委員会の貴重なEngineering LED年次総会に投票します、と彼は聴衆投票と審査員評点がそれぞれ構成要素の50%を保持すると言いました。 チップからパッケージ、パッケージから照明、材料から機器に至るbackpfrontp、エンジニアリング1000W LEDフラッドライト年次総会は、年間のヘビーヘッドゲストに参加するために、業界のサプライチェーン全体を網羅していますが、これらに限定されません。 Epistar、Tongfang Optical、HC SemiTek、Hongli Opto-electronic、カントリースターパワー、Liang Rui(Lumileds)、crystal Taiwan株、Crystal Electronics、Teng Sheng工業、希土類研究所、Linsen、太陽光、3人の男性、middot ; オーロラ、広州の照明、一定派閥の名声、真央マスター電源、イゴール、明マイクロエレクトロニクスビジネスのリーダー。 backpfrontp激しいイデオロギーの衝突、深い業界の解釈、ユニークな開発予測、それはあなたにとって価値のある旅行になるでしょう。 backpfrontp添付:2番目のバッチのゲストリストはbackpbackpされます