ホーム > ニュース > 本文

光度の説明

Nov 11, 2020

光度の説明

-LEDの基礎知識

1.一般的に使用される光度測定ユニットの分析

発光体の光度の測定単位は次のとおりです。

1.照度単位:ルクス

2.光束ユニット:ルーメン

3.光度単位:キャンドルパワー

ここでは、最初に1CD(キャンドルライト:カンデラ)について説明します。プラチナの凝固点で、60平方センチメートルごとの光度で完全に放射されたオブジェクトを指します。

もう一度説明してください1Lux(ルクス):1平方メートルあたりに受け取った光束が1ルーメンのときの照度を指します。 照度、光度、距離の関係は次のとおりです。E(照度)= I(光度)/ r2(距離の2乗)

最後に、1L(ルーメン)について説明します。距離が1 cm、面積が1 cm2の平面に照射された1枚のCDキャンドルライトの光束です。

2.疑問を払拭するためのLED光度ユニット

LEDや白熱灯などのアクティブ光源は、光度の単位としてキャンドルライト(CD)を使用します。 発光(L​​)光束ユニットは、反射または透過するオブジェクトに使用されます。 照度ユニットLuxは、写真などの分野で使用されています。 これらの3つの測定単位は数値的に同等ですが、異なる角度から理解する必要があります。 たとえば、LCDプロジェクターの明るさ(光束)は1600ルーメンです。 60インチ(1平方メートル)の全反射スクリーンに投影された場合、照度は1600ルクスです。 コンセントが光源から1cm離れており、コンセントの面積が1 cm2であるとすると、コンセントの光度は1600CDになります。 しかし、実際には、LCDプロジェクターの光透過、反射、または光透過フィルムの損失のために、その明るさは一般に50%の効率に達する可能性があります。 現在のアプリケーション経験では、屋外のLEDディスプレイ画面は、太陽光の下でより理想的なディスプレイ効果を得るには、4000CD / m2を超える明るさである必要があります。 通常の室内用LEDの場合、最大輝度は約700〜2000 CD / m2です。

最後に、LEDメーカーが提供する光度は、LEDが20 mAの電流で点灯する点を指し、最適な視野角と中心位置での光度が最大であることに注意してください。 このように、1つのLEDの光度はCDの単位ですが、その光度はLEDの色とは関係ありません。 一般的に言えば、単一のチューブの光度は、数mCDから5000mCDの範囲である必要があります。

600w