大きな利益薄いサプライチェーン・コストと同様に、

[テキスト/エンジニアリングLEDガン秦]今年は、全体の現象としてLEDスタジアム照明業界は、大企業が利益薄いビジネスサイクルを受けさせるために減少し、売上総利益率は同時に喜んで、確かな事実です。 backpfrontpしかし、contrarian成長を達成しています。 backpfrontp最近、Aihuaグループの第3四半期レポートは、同社は3億4,400万元、21%の増加の総収入を達成した第3四半期を示しています。 59640000元の純利益、93%の増加。 backpfrontp Aihuaグループ、ヤンBaohua、副社長は、競争の激しい市場環境のダウンストリームコンデンサ、二重純売上高が増加した一方、同社は、最先端の技術とコスト管理から恩恵を受けている一方、LEDスタジアムライト成長による電力供給。 backpfrontpのコスト管理は、企業の永続的なトピックの収益性を確保すると言うことができます。 業界全体のチェーンの利益は減少していますが、下流の照明会社は電話のコストを削減するが、 バックプラントの太陽の照明、G20の中国陳Yipingの総支配人\ u0026 mdash; LED照明サミットは、消費者は常に安価であることを指摘したため、イノベーションのコストは依然として目標を追求しています。 各産業チェーンのために、ビジネスコストを引き下げることは依然として大きな問題です。高出力LED洪水灯は電力を駆動します。ドイツLipu Po Cheng副総支配人は、電力コストには余裕があり、宇宙電力のコストをおそらく約8%の外部電源が構築されています。 しかし、一般的に言えば、デバイスコストを削減する方法ではなく、顧客が何もしないように技術的ソリューションを最適化することです。 Backpfrontpパワーランプとは異なり、1000W LEDフラッドライトは外観よりも、特に安定性の点で価値があるため、コンデンサ素子の選択、適用可能性および特定のパラメータの価値を考慮して電力会社に提供しています。 プーチェンは、さまざまな容量要件、3Cバージョンの考慮事項高圧の異なる製品ライン、および製品の温度係数のEU規制にもっと注意を払うと述べた。 backpfrontp全体的に、コンデンサは、経験豊富で安定したパフォーマンスに頼る必要がありますので、サプライヤーの選択では、古い企業、LEDトンネルライトAihua、よりエキサラリストは私たちのサプライヤーです。 Pu Chengは言う。 backpfrontp静電容量に関して、一部の照明企業は、しばしば高応答または低応答の状況を構成します。 backpfrontpヤンBaohuaは詳細な分析のための照明製品ラインを保持するAihuaの練習は、照明メーカーに適切な提案を提出し、照明メーカーは認定を受け、照明製品の生活を行う方法を教えてくれると述べた。 我々は、コンデンサの視点から照明製品を最適化するために、最高の価格で照明メーカー、LEDアリーナ照明に最適な製品を行うためにそれらを支援します。 ヤンBaohuaは言った。 川下の事業以上のものを実現するためのコスト削減の取り組みを後押ししています。 パッケージ化されたデバイスの中途半端からわかるように、企業はボリュームを増やすことができ、価格の低下は非常に無力であり、ほとんどの企業は拡張を通じたコスト削減の方法を選択しています。 バックPfrontp Linsenは、LEDの高湾の照明Hongliオプトエレクトロニクス江西省で基地を開設、国の星の力はまた、対応する拡張計画を持っています。 イスマイルは張華、マーケティングのディレクターは、エンジニアリングLEDテニスコートライト、江西省の同社の生産拠点は、すぐに地面に入れて言った。 生産能力を拡大し、規模の経済を改善し、製造コストと管理コストを削減することができます。 張呂華。 backpfrontpポーの要約は、実際にコストを削減するために、企業はスカンク、より多くの通信と製品の企業のニーズの間の統合はできませんし、上流と下流の連携を強化する。 バック