ホーム > ニュース > 本文

LED照明産業の合併と技術革新による企業の再編は、ボトルネックの解決に役立ちます

Jul 18, 2019


国家情報センターの経済予測部門の部長である朱バオリアン氏は、現在の余剰能力を問題から排除するために、グループから多数の合併を排除する必要があると述べました。 一般に、過剰生産能力を解決する方法として考えられるのは4つあります。まず、需要の成長を刺激する。 2つ目は、市場メカニズムに依存することです。 3番目は、合併と買収の実装です。 第4の制限は、業界の能力過剰の開発、業界のアクセスしきい値の改善、後方生産能力の排除です。 LEDスタジアムライト業界のbackpfrontpは、現在の方法を解決するために、最も一般的で明白なことは、合併と買収を積極的に実装することです。 従来の製造業と競争の弱さ、経済環境の過剰生産能力の背景、主要なLED企業は解決策を模索し始めました。これは、複雑なパターンの混乱、加速器の合併、買収、さらに強さを拡大する。 過去2年のbackpfrontpは、非常に頻繁に激しいLED事業投資と合併の事例で発生しました。 今年の最初の4分の3だけが、LEDハイベイライト業界で発生したケースは30億件を超え、金額は3億件を超えました。 報告によると、上場企業の一部の幹部とファンドマネジャーの数は、業界合併統合の新しいラウンドの現在の流入は、過去数年、容量拡大、比較的合理的な現在の合併と買収のラウンド、支配的な力とは異なると考えています業界のリーダーであり、競争の違い明らかに、業界は競争後の時代に入ります。 これは、LEDフットボールスタジアムライト業界が将来、企業の巨人の強力な競争力を備えたグループを出現させることを完全に示しています。業界は徐々に過剰な容量を取り除き、全体的に競争力が低く、価格競争パターンが激しくなり、調整と最適化を続けます。 backpfrontpさらに、技術革新は、企業が過剰生産能力を解決する重要なアイデアと見なされていました。 一部のアナリストは、国内の総若者人口は今後数年間でピークに達すると考えています。つまり、住宅や自動車産業が経済またはピークの核として国内にいることを意味します。経済的要求の発展に適応し、資本の戦いを置き換え、経済形態の技術と戦う。 backpfrontp最も競争力のある家電業界である中国では、コア技術は米国と韓国の制御であったと報告されています。 中国企業の新興分野における高出力LEDフラッドライトは、完全に日本と韓国の影響を受けます。 自動車部門では、米国、ドイツ、日本、その他の国のコアテクノロジーが管理されています。 中国人は、航空宇宙産業で最も先進的で最も誇りに思っており、実際には世界で最も先進的であるのに10年以上遅れていると言いました。 中国の製造企業にとって、製造業とブレイクアウトの変革を達成したいので、新しい産業とハイテク産業を開発し、産業の中核技術をさらに理解する必要があります。 このプロセスにおける重要な方法と基盤の背景として、技術革新はLEDスタジアムライト業界の発展でもありますが、将来のビジネスチャンスを獲得することも重要なブレークスルーです。 ある程度、パフォーマンスアートの競争の多くにおける競争の未来。 バック