LED照明市場は、2019年に白熱灯から完全に新春を迎えようとしています

国家発展改革委員会は2016年までに通常の白熱灯を完全に廃止する予定です。 これは、白熱灯の130年の歴史がゆっくりと見えなくなることを意味します。 市場のbackpfrontp白熱電球のスケジュールの早い段階で排除される、それは傾向として説明することができます。 同時に、LED照明のコストが減少し続け、価格も人々の近くになります。 2016年にはLEDスタジアムの照明市場は305億ドルに達すると予測されています。 国家発展改革委員会によると、backpfrontp来年は白熱backpfrontpが完全に廃止され、2016年10月1日から「白熱電球ロードマップ(案)」を発表し、15ワット以上の通常の白熱灯の販売を禁止した。 backpfrontpが白熱灯を廃止なぜ? 白熱灯の大部分は、エネルギーの90パーセントが無駄な熱に変換され、LEDスタジアムの投光照明になるのはわずか10パーセントです。 これは大きな力です。 点灯時間に関しては、ランプの寿命は通常1000時間以下です。 現在世界でbackpfrontpは積極的に省エネルギーを促進し、積極的に気候変動の状況に対応し、国家は白熱灯から多くの政策を採用し、非効率的な照明製品の段階的廃止をスピードアップしています。 中国の照明用電力消費量は総電力消費量の約12%を占めると推定されています。 すべての白熱灯を省エネランプと交換すれば、年間480億kwhの節約になります。これは、二酸化炭素排出量を4800万トン削減することに相当する、大きな省エネの可能性です。 白熱からの段階的廃止は、排出削減目標を達成し、地球規模の気候変動は前向きな貢献をするでしょう。 backpfrontp物事+ LED投光器は、LED照明業界backpfrontpが成熟し、将来の開発の主な方向性のインテリジェントLED照明の統合に代わって成熟すると、新しいパターンにつながります。 物事+ハイパワーLEDフラッドライトは2つの戦略的な新興産業です、完璧にマッチすれば、あなたは非常に良いアプリケーション結果をもたらすことができます。 それらは1 + 1と組み合わされています。2より大きいです。 それは物事の内容のためのランプ交換用チップが総所有コストを下げることができるだけでなく、さらにエネルギー消費量、光のリアルタイム監視だけでなく、簡単にできる限り、それは新しい建設に適用されますがたとえば、シーンに柔軟な設定を使用して、自動調光、色調、健康などを調整できます。 backpfrontp共役知恵照明ネットワーキング技術は、大規模なネットワーキングアプリケーションになる可能性があります。 幅広い国際協力を通じて低炭素投資提携の分野でbackpfrontpシングス1000W LEDフラッドライトグリーン照明業界の発展への投資を促進するbackpfrontpグリーン照明業界の提携、低炭素経済、グリーン照明、省エネと環境保護の約束を促進する。 主に技術革新を通じて、情報交換プラットフォームの構築を通じて、国内外の資源グリーン照明産業を収集するために市場メカニズムを使用して、国家標準の確立を開始し、技術革新、産業プロジェクトライブラリを作成し、人的資源と技術協力を強化する。メンバーユニット間の資源の相補性、ビジネスコラボレーションおよび市場開拓を促進し、中国のグリーン照明業界のためにユニットメンバーの市場競争力および持続可能な開発能力を高め、世界に貢献する。 backpfrontp 2016リトルグリーン照明業界の投資提携は、製造業者を確認するために使用されるチップメーカー、照明業界のチェーン、電源メーカー、照明メーカー、エンジニアリングインテグレーター、およびその他のビジネスユニットとの連携を強化します。戦略的な協力の広い範囲を実行するだけでなく、販売エリアに含まれる市場の状況や顧客の需要に基づいてある程度のカスタマイズは、スマート相互接続照明システムの照明とスタジアムの照明サービスの販売に焦点を当て、顧客の需要を満たすために、私たちは特別な照明製品とサービスを提供し続けます。 バック