マルチ企業の強固なパフォーマンス:Hongli照明は、暖かい楽観的Silan LED事業を必要としている

2014年の後半から、国内のLED産業の合併買収十月のクライマックス。 最近の豊富なマイクロ電気と紫色の在庫を介して最近の海外買収プログラムは、LEDのスタジアムは、業界の合併の新しい2.0時代への統合、すなわち、国内資産の在庫の外国資産の購入への統合の始めからステージ。 アナリストは、半導体業界は経済構造調整の傾向の潮流、中国の企業は世界的な半導体産業の拡大に大きな力となっていることを指摘し、中国の半導体産業を成長させることは、世界の半導体産業のパターンに深刻な影響を与えます。 backpfrontp 10月19日時点で、2つの都市上場企業の最初の3四半期の結果で18のLEDスタジアムの照明の合計は、ケースを明らかにする。 1月から9月にかけて、18社、会社転換、11年の業績が好調に推移しました。 今年は、ダウンストリームのドライブはまだ弱いが、常に上場企業の高出力LEDの洪水のライトの状態は一般的に改善されていますが、絶えず調整された操作構造を生きることができる。 同社の昨年の強力なパフォーマンスを裏返して、今年の最初の3四半期に反転した王のポジトロン性能を下回った。 同社は当初の3四半期に38,505,100ユーロから43,068,200元の純利益を達成すると見込んでいる。 同社の業績は、前年同期の129億2300万元の損失を上回った。 backpfrontp主なビジネスの後にリストされた6月の陽電子は、自社設計のコアMIPSアーキテクチャXBurstCPU JZ47xxシリーズマイクロプロセッサチップ、1000W LEDフラッドライトをベースにしていますが、逆にモバイルエレクトロニクス市場の発展、マルチメディアプレーヤー、教育電子製品は、タブレット、製品の巨大な影響は、同社の事前のパフォーマンスが低いパフォーマンスです。 単一市場への過度の依存を避けるために、同社はスマートウォッチ、スマートグラス、WIFIスピーカーなどのプログラムを最適化し、アプリケーションチップ製品を積極的に展開し続けました。 ニュートンプラットフォーム、ハレープラットフォームに続いて、同社は金星開発プラットフォームを開始し、同社はスマートな時計の生態系を構築するのに役立ちます。 単一の市場と不確実なウェアラブルデバイス市場への過度の依存を避けるため、スマートなもの、WIFIスピーカー、バイオメトリクス、セキュリティ監視など、より多くの市場アプリケーションを積極的に探し求めて拡張しています。 今年の中間報告書は、同社は3,089.94元の営業利益、14.33%の増加を達成した。 純利益679,600元、132.21%の増加、トンネル灯の性能の変曲点がすでに始まっています。 第3四半期の業績の発表に伴い、当社の年間業績は基本的に逆転して決定された。 企業の最初の3四半期にbackpfrontp増加は、豊富なマイクロパワー、セントラルシェアを介して、国家の技術、オビを持っています。 そのうち、純利益の最初の3四半期の国家技術は、6415650000元、1121.84から1150.48%の増加を達成することが期待されています。 初期のモバイル決済の分野では、国家技術の秋に植えられ、ビジネスは、研究開発の強化、良好な市場アクセス、製品の導入とプロモーション、今いくつかで、着実に、企業の金融ICカードのチップ事業の底から出てきた商業銀行パイロットの仕事のパイロット。 約7億の国内金融ICカードの発行量、LEDのアリーナの光は、海外のNXPが市場を独占する前に、次の数年間のローカリゼーションの代替スペースは巨大です。 バックPfrontp Orbita、リッチマイクロパワー、最初の3四半期で最高の純利益すぐに中央シェアは50%以上で増加します。 牛田GEMの前半として、オービタ最初の3四半期は、結果を報告する際のパフォーマンスと比較してダブルを達成する。 プラチナアジアインフォメーションカンパニーは事前取得とシートを実現し、製品ラインのレイアウトがさらに改善されました。 同社はまた、国際的なマーケティング活動SOC / SIP、飛行制御システムおよびその他の製品の始まりに沿って実行する予定です。 アナリストは、半導体環境はまだ未だに繁栄しているが、LEDテニスコートのライトではあるが、ビジネス戦略を微調整する上場企業の数は昨年の業績よりも優れていると述べた。 今、偉大なサイクルの停滞、技術主導の客観的な要因はまだ存在し、半導体産業の未来は、成長の余地がたくさんあります。 バックパープルPのRuifeng電源:テレビのバックライトの減速、照明事業は急速に良いレベルでコスト管理をbackpfrontp成長していた:総費用の3四半期3 22.07百万、10.65パーセントの事業費率は、鎖全体が現在の最小レベル年。 今年は、LED照明事業の実質的な成長と子会社リコムの光電条件はまだ建設期間には、コストレートは、それが稀である年の間に最低を打つ、同社のコスト管理を反映しています見られる。 成長はバックパネルのバックライト、LEDのジムの照明は次の主要な成長です:世界的な液晶テレビの成長を遅らせることが制限される可能性があります、次の2年間は年間約2億台のレベルにとどまると予想され、普及率は90%以上に達している、業界は比較的成熟した産業チェーンは素晴らしい一致を変更しません、成長のための会社の部屋はこの点で制限されることがあります。 しかし、LED照明端末の価格が下落するにつれて、省エネランプによるRGB LEDフラッドライトの普及率は約2倍に低下し、一部の低価格製品は普及率の2倍未満となり、急速始動LED照明市場は、我々は今年GMのLED照明の普及率は約10%、昨年に比べて5%、実質的な増加と推定し、来年は20%の普及率に達すると予想されます。 中流パッケージのリンクとしての会社は、LED照明事業収益が反映されている今年の会社から大幅に恩恵を受けるが、売上総利益率を低下させるために業界の激しい競争リスクに注意を払う必要があります、我々は次の-アップ。 バックエンドの収益予測と投資の評価:海外需要の減速、全体的な景気の下振れ、世界の液晶テレビの売上高は貧しい、大規模なバックライト事業の不安を増大させているが、テレビのバックライト分野への障壁比較的閉鎖された大規模な川下の顧客だけでなく、特定のパフォーマンス保証を提供し、リスクに対抗する特定の能力を有することもあります。 LED照明の急速な成長は今後2年間、同社は利益を得る。 当社は2013年-2015株の1株当たり利益を0.31元、0.36元、0.47元に引き下げ、同社の過体重評価を維持した。 Backpfrontp Hongliオプトエレクトロニクス:2012年第4四半期に底を打っている照明の暖かさは、企業の利益成長を後退させる必要があり、今年の1〜2四半期連続で増加し続けています。 リリースの市場需要の製品価格の下落、20%以上の売上高の増加に起因するバックPfrontpだけでなく、価格の大幅な削減のために、利益の減少。 製品の価格の下落は、照明需要、当初の規模、収益、利益成長のための価格を通じた将来の成長パフォーマンスを開始するために必要な条件です。 将来の生産能力の拡大は収益成長の主な推進要因になるでしょう。 backpfrontp 2、backpfrontpの収益性は価格低下により改善し、製品粗利益率は大幅に低下した。 これはパフォーマンスの低下です。 しかし、1四半期の売上総利益率は安定していますが、昨年は会社の移転や新工業団地の運営、費用が大幅に増加したため、これらの影響は今年は徐々に減少し、会社の経費率は低下し始めました。将来的に収益性の要素を改善することが有利である。 全体的な将来の収益性は安定しているはずです。 backpfrontp 3、家庭用照明暖房バックパネル最新の市場レポートによると2012年から2014年にかけて、各地域で白熱発酵が徐々に無効になるという利点があり、LEDランプは家庭用照明市場に参入しました。 発光効率とLEDランプの価格、消費者の受け入れが徐々に増加するため、LED照明の普及率が増加します。 2013年には、中国の家庭用照明市場は、LEDの家庭用照明市場を含む36%の成長は、世界の24%を占めると予想される8億1,400万ドル、96%の増加に達すると、5,941百万ドルに達するでしょう。 backpfrontpの4、backpfrontpの将来の生産能力は、需要が拾うように、同社の容量拡張の需要は、生産能力がパッケージ1200KK /月の終わりに達すると予想され、12年間の容量は500KK /月です。 将来のLED業界の統合傾向は継続し、小規模企業の背後にある技術のいくつかは排除される。 これは、企業の競争優位性を持っての開発を容易にします。 現在の産業需要が上昇した場合、将来の生産能力の状況はより楽観的であり、これは同社の将来の成長の主な要因です。 AJ証券バックパック