LED照明会社の数を収穫するが、損失はほとんどない

市場で激しい競争の顔、LEDスタジアム照明企業は新しい戦略を開発する必要があります。 継続的なマーケティング活動を強化しながら、印象的な結果を得ると同時に、研究とイノベーションのための市場の需要を強化し、継続的に製品のパフォーマンスを向上させる、製品の差別化の利点を向上させる。 一方、市場での競争により、一部の企業は結論の喪失を免れなかった。 backpfrontp Hongliオプトエレクトロニクス(300219.SZ)は四半期ごとに3つをリリースした。同期間の前半期、前年同期比88.23%の純利益成長の最初の3四半期。 スタジアムのライトレポートは、同社の第3四半期の営業利益は44.1億元に達した、昨年同期間に69.16パーセントの増加を表し、4621.37万元の純利益は、98.15%の増加を示していることを示しています。 1月から9月までの2015年の営業利益は13億1500万元で65.24%の増加、純利益は1億300万元で88.23%の増加となった。 backpfrontp 3つの四半期のパフォーマンスは、次の2つのポイントに起因する上昇します:backpfrontpまず、2015年以来、良いLED街路灯の市場の需要は、同社は生産規模のLEDパッケージを拡大し、主な事業では着実に成長を続けた。 2014年に買収した2つの子会社は、業績の一部に貢献したため、同社の収益と純利益は大幅に増加しました。 backpfrontp太陽は26.02パーセントの純利益の成長の最初の3四半期を点灯するbackpfrontp 10月27日、太陽の照明(600261)3四半期に発行。 報告書は、同社の第3四半期の営業利益は49億7000万元に達し、高出力の洪水灯は前年より10.45パーセントの増加を導いたが、 上場会社の株主に帰属する純資産は28.16億元で、前年より4.67%増加した。 2015 1 \ u0026 mdash; \ u0026 mdash; 9月の営業利益は31.3億元で、前年より29.69%増加した。 上場企業の株主に帰属した純利益は270百万元で、前年より26.02%増加した。 backpfrontp結果によると、2015年7月19日、太陽の照明は補助金を受け取っている政府補助金9,188百万を受け取る。 backpfrontp照明産業が伝統的な照明製品から新しいタイプの1000W LED洪水照明製品に移行しているため、照明製品の企業構造は基本的に省エネランプによってLED照明製品の変更、終了報告期間のうち、同社は省エネルギーランプの割合を29%下げており、今後も引き続き減少するだろう。 110.74パーセントの前半期の10月27日の太陽光発電の共同建設(300,269)3四半期に発行された最初の3四半期の太陽光発電の純利益の増加のbackpfrontp共同建設。 報告書は、同社の第3四半期の売上高は435百万元、LEDの高い湾の光は前年より47.39%の増加を示しています。 上場企業の株主に帰属する純資産は、前年度より53.09%増加し、691億7800万元となりました。 2015 1 \ u0026 mdash; \ u0026 mdash; 9月の営業利益は10.88億元で、前年度より71.51%増加しました。 上場企業の株主に帰属した純利益は1億6100万元で、前年度より110.74%増加した。 光のLEDディスプレイアプリケーションとタップ新市場の共同建設、特に小さなピッチのLEDディスプレイ製品市場と海外のLEDトンネルライトアプリケーション市場、高いマージン市場セグメントを強調して集中して、激しい市場競争のbackpfrontpの顔、会社の強化収益性。 backpfrontpは現在、ハイエンドLED光電ディスプレイアプリケーション技術の構築に関連しており、広告メディア、ステージアート、政府および企業広報のセグメントで製品+サービスシステムソリューションを顧客に提供しており、今後も一定の差別化された競争上の優位性を形成します。他のセグメントにおける差別化された競争優位の形成を模索する。 backpfrontp長方形の照明最初の3四半期の純利益の増加64.94%backpfrontp 10月27日、長方形照明(300301)3四半期発行。 レポートは、同社の第3四半期の収入は4億8000万元で、前年より82.63%増加したことを示しています。 上場企業の株主に帰属する純資産は2776.68万元で、前年より386.30%増加した。 2015 1 \ u0026 mdash; \ u0026 mdash; 9月の営業利益は10億1800万元で、前年より49.81%増加した。 上場企業の株主に帰属した純利益は6314.14万元で、前年より64.94%増加した。 LED照明アプリケーションの企業を買収し、企業チェーンの垂直統合、補完的な利点を達成するために会社を促進する、LED照明分野のダウンストリーム産業チェーン、現金と発行株式を拡大する、会社のLED照明アプリケーションを強化事業の割合は、産業チェーンの利点にフル演奏を与え、生産プロセスの様々な側面と康盛明との会社を強化する、それは協力的な生産に資するものです。 backpfrontp Siu Chiは、四半期ごとに発行されたSiu Chiの株式(002,429株)の純利益14.09%減少の最初の3四半期を10月27日に戻します。 報告書によると、同社の第3四半期の営業利益は、前年より12.78%減少し、18億1600万元に達した。 上場企業の株主に帰属する純資産は163百万元で、前年より26.18%減少した。 2015 1 \ u0026 mdash; \ u0026 mdash; 9月の営業利益は44.57億元で、前年度比18.20%減少した。 上場企業の株主に帰属した四半期純利益は432百万元で、RGB LED洪水灯は前年より14.09%減少した。 パフォーマンスの変化の理由backpfrontp説明:工場の移転、受注の減少、ビジネス環境などの外部要因の影響によるバックプレパットにより、純利益は減少する見込みです。 純利益の最初の3四分の一の利益を削減するbackpfrontp 10月27日backpfrontp 66.04%は、(002,137)の四半期ごとに発行された実質の利益。 報告書によれば、同社の第3四半期の営業利益は6365.7万元で、前年度比57.25%減少した。 上場企業の株主に帰属する純資産は1,029,200元で、前年度比81.78%減少した。 2015 1 \ u0026 mdash; \ u0026 mdash; 9月の営業利益は257百万元で、前年度比25.87%減少した。 上場企業の株主に帰属した純利益は288.48万元で、前年度比66.04%減少した。 パフォーマンスbackpfrontpの変更の理由説明:全体的な経済環境の影響を受けるbackpfrontpの報告期間は、EMSのビジネス注文の収入の減少; 加えて、LED照明事業は、業界全体の粗利益率の低下、パフォーマンスの貢献はまだ明確ではない、環境への影響を受ける。 業界の変革、インターネット企業ビジネスはまだ投資期間にあります。 backpfrontp Jufeiオプトエレクトロニクスは、純利益の最初の3四半期に28.83%の前線削減10月27日、Jufei太陽光発電(300,303)は3四半期に発行。 レポートは、同社の第3四半期の収入は271百万元、前年比3.24%減少したことを示しています。 上場企業の株主に帰属する純資産は254.03百万元で、前年度比46.54%減少した。 2015 1 \ u0026 mdash; \ u0026 mdash; 9月の営業利益は687百万元で、前年より9.72%減少した。 上場企業の株主に帰属した純利益は9336.727万元で、前年度比28.83%減少した。 backpfrontp数年の急速な発展の後、生産のフライになっている光電バックライトは、企業、企業の技術、国内の主要な地位の中国での管理レベルを導くが、国内外の競合他社の顔、会社ができない場合全体的な競争力を強化し続ける、それは熾烈な市場競争の不利な点にあるかもしれない、同社はさらに市場シェアを拡大し、悪影響を受ける市場の地位を向上させます。 LED産業技術の継続的な革新、生産効率の継続的な向上、製品価格の低下。 一方、生産能力が増加し続けると、市場競争により製品販売価格が低下する。 バックプロップの距離光学的な最初の3四半期の純利益の減少36.71パーセントのバックフロント10月27日、リモート太陽光発電(300306)3四半期発行。 報告書によると、同社の第3四半期の営業利益は4845.15万元で、前年より4.11%減少した。 上場企業の株主に帰属した純資産は108.88億元で、前年度比35.37%減少した。 2015 1 \ u0026 mdash; \ u0026 mdash; 9月の営業利益は133百万元で、前年度比7.43%減少した。 上場企業の株主に帰属した純利益は3,858,100元で、前年より36.71%減少した。 backpfrontp報告期間は、会社がスムーズに実行しているが、照明産業の競争力のために、業界と前の年に比べてより明白な窮状の成長は、照明業界、照明試験装置を短期的なニーズを減少した事業の最初の3/4は収入の一定の減少である。 バックPfrontpの給与とR \ u0026 D人員の成長、パフォーマンスの米国子会社の期待に応えていない、投資プロジェクトは、減価償却費と運用コストの増加、外国投資プロジェクトの数が資金と銀行の使用預金金利、法人所得税率の変更やその他の複数の要因の影響、当社の純利益は急速に減少した。 バックエンドの海王王は、最初の第3四半期の純損失7,426,900元backpfrontp 10月27日、オーシャンキング(002,724)3四半期発行した。 レポートは、同社の第3四半期の収入は、前年より8.79%減少し、195百万元であることを示しています。 上場企業の株主に帰属する純資産は813.33万元で、前年度比48.96%減少した。 2015 1 \ u0026 mdash; \ u0026 mdash; 9月の営業利益は5億3,900万元で、前年より14.98%減少しました。 上場企業の株主に帰属した純利益は、前年度比114.36%減の7.4269百万元であった。 主な理由backpfrontp:backpfrontp 1のパフォーマンスの変化は、2015年のマクロ経済と照明業界の競争の影響を受け、2014年の同期間と比較して減少した。 backpfrontp 2、サプライチェーン管理部門の支払い、品質保証部門、研究室3部門スタッフ補助金。 バック