押し手の後ろに隠れているLEDの包装容量の拡大

現在、アップストリームLED GYMライトチップ、パッケージングまたはミッドストリーム、またはダウンストリームアプリケーションは、技術、製品、市場、資本およびその他の側面と相まって、困難で競争の激しい市場形態に直面しています。出口。 しかし、LEDジム照明パッケージの分野では、この最も多くの選択肢のLEDパッケージングメーカーは戸惑いを許しています、彼らはあまりにも多くの選択を思わなかった、ネットワーク流行語を適用すると言います、これです:あなたは生産能力を拡大するか、backpfrontp能力を拡大するかは、単一の項目です:? 容量拡張 backpfrontp近年では、LEDスタジアムの光包装会社の資本力の少しは、生産ラインの拡大を計画しているか既に実施しており、それらの大規模グループは包装会社をリストアップし、生産拠点を設立します。本土では、生産規模のさらなる改善を図っています。 backpfrontp一部のアナリストは、生産能力を拡大するために今年の包装業界の焦点が、照明を刺激するために昨年の価格上昇に起因していた理由は、昨年の後半から、中国のLEDスタジアム照明包装分野はラウンドのように見えた膨張ピーク。 言い換えれば、今年の大手包装会社は、単に今年の市場があまりにも過大評価された結果のため、突破する手段を模索するために、市場競争の圧力ではなく、生産能力の拡大を加速する。 backpfrontpこの分析は今少し理由のないように見えます、今年は、価格戦争の影響を受けたLEDスタジアムの洪水照明製品、LED包装会社の生活空間がさらに圧迫され、増益の状態に市場が再び増加していません。 予想どおり全体としてハイパワーLED投光器包装市場の価格の急激な下落の直接の結果、企業収益の大部分ではなく出荷が成長し、一部はさらに減少を見ました。 市場の規模は依然として急速な成長を維持していますが、同社の業績は依然として低迷しています。 関連データによると、2015年前半には、国内LEDジムライトパッケージデバイスのほとんどの製品価格が50%以上減少しました。LEDトンネルライトパッケージングメーカーの国際製品価格も20%以上減少しました。 2014年は何百もの包装会社を排除しました、今年期待されている、段階的廃止の状況はさらに広がるでしょう。 backpfrontp価格が下落した場合、包装会社は生産能力の拡大をめざして競争します。競争力の観点から、中小企業の資金、技術、チャネルの不足により、市場競争はさらに激しくなっています。リスク、深刻な、さらには資金調達の中断による崩壊さえも。 backpfrontpしたがって、この拡張への追加、またはイニシアチブの拡張は適切ではないと言えますか? どうやら、そして今全体のLEDハイベイライト業界の動向は、統合を加速することです、業界の集中が増加しました。 強度の生産規模を拡大し、実際にフェーズアウトを加速し、業界の再編、リソースの統合を加速する大企業、および将来の市場開発のための当社の強みを事前に促進してレイアウトを行うパッケージングメーカー。 backpfrontpなぜなら競争力のある包装分野は、プロセス技術、市場開発などに加えて、強さの先進的かつ効率的な生産規模で、特定のコスト優位性が、成功するための鍵であるかどうか。 包装製造業者の大多数は拡大で拡大を計画しています、実際には、この点も説明しています。 物価が下がっても利益が上がるわけではありませんが、調整期間後は、物価は安定的になるか、必然的に上昇する傾向があります。 backpfrontpコース、パッケージング会社が生産能力の拡大を競い合うため、業界の構造的過剰生産能力の問題がより顕著になり、これが起こる可能性があります。 問題が過剰生産能力によって悪化するならば、悪循環の増加は利益を増やしません継続します。 backpfrontpとはいえ、どこを選択しても混乱を招くような企業はどこにでもあると考えられます。 新しい市場を探索したり、新しい技術製品を開発したりするには、間違いなく、より大きな資本やその他の投入物、全収益を得る能力が必要です。 それで、スタジアムの包装会社のためのLEDライトとして、どのように突破する方法を見つけるべきですか? そして道路の事業拡大を堅持し続けるかどうか? これは現在注目に値します。 バック