ホーム > ニュース > 本文

パナソニックLED電球36%の新発売光効率

Jan 12, 2017

パナソニックは全方位型LEDスタジアムライトバルブ6製品を更新します。 6製品は、日本の省エネルギー法2017年の年間目標値に達しています。 2015年10月21日から販売を開始します。 backp更新全方向性のタイプのLED電球製品とその主要なパフォーマンス指標backpfrontpパナソニックが発表したところによると、国内のLEDスタジアムの照明市場は、省エネルギーと電気代などの普及意識の高まりから、高度な発展を遂げています。 2015年7月末の業界全体の需要は1億1500万であり、普及率は約38%に達すると予想されています。 高出力LED電球は、2013年11月に日本の省エネルギー法標準物体の指導者に指定され、2017年の目標年の標準値を提供します。 backpfrontpの下で一般的に、1000WのLEDの洪水光の温度が低いほど、LED電球に焦点を当てることにより発光効率が高くなり、LEDモジュールの温度を低下させてエネルギー消費の効率を改善することができる。 したがって、ランプボディ内のパナソニックLED電球には、高効率のLEDトンネル光伝導熱が発生し、ランプポート指向性フィンに放熱されるようになる。 backpは、従来の製品のフィンのbackpfrontpを改善する、あなたはLEDモジュールモジュールボードをインストールすることができますヒートシンクは、熱放射と熱伝導の損失が存在するように、異なる部分が形成されます。 ヒートシンクを実現するための縫い目のない、一体的に形成されたフィン、統合モジュールシートおよびヒートシンクの開発。 これにより、熱伝導損失を抑制することができるので、LEDハイベイライトモジュールが発生する熱がランプ開口方向をより効率よく放出する。 従来の製品と比較して、エネルギー消費効率(ランプ発光効率:lm / W)は約36%増加し、すべての製品が日本の省エネルギー法2017年目標標準値を満たしています。 さらに、この新製品は、絶縁材料を使用した照明機器にも使用できます。 天井の断熱材に取り付けた場合、バックライトの温度が36%のバックプロップ温度で点灯するため、LEDバルブ内部の放熱を防ぎ、回路部品の温度上昇を防ぎ、元のLEDアリーナ電球を使用することはできません。寿命を短縮する。 新製品は、フィンを一体成形し、優れた熱伝導率を実現し、LEDジムライトバルブ内の熱を効率よく放熱することができ、断熱材で照明器具に使用することができます。 バック